那覇空港(沖縄空港)のLCCターミナルご利用について



スポンサードリンク

那覇空港 LCCターミナルのご案内

那覇空港(沖縄空港)には、格安航空専用のLCCターミナルがあります。
この那覇空港(沖縄空港)LCCターミナルは国内初のLCC専用のターミナルで、ANAが貨物上屋として借り受けている那覇空港貨物ターミナル内の一部を旅客用に改装したもので、平屋造りのシンプルなわかりやすい構造となっています。
一般利用者への開放時間は、初便チェックイン開始の30分前から最終便出発の30分後までで、その時間に合わせて国内線ターミナル1階4番バス乗り場から無料の循環バスが10分間隔で運行しています。
循環バスの所要時間は約5分ですから、それほど不便ではありません。
そのほかにも、トヨタレンタカー、オリックス、ニッポンレンタカー、OTSレンタカーの4社の指定レンタカー会社の送迎バスのみが乗り入れ可能となっています。

 

 

そのほか、那覇空港(沖縄空港)LCCターミナルの特徴としては、LCCの搭乗時にはバスによるものが多いところを、徒歩による搭乗・降機ができることや、ベルトコンベアを利用せず手荷物取り扱いを行っていることなどが挙げられます。
さらに、沖縄らしい雰囲気醸成のための施設配置、無料Wi-Fiや映像ダウンロードサービスの提供などにより、低コストながらも利用者サービス充実を目指しているとのことで、今後ますます期待ができそうです。
那覇空港(沖縄空港)LCCターミナルを利用する航空会社は、関西空港ピーチとエアアジア・ジャパンの2社となります。
今はまだ利用便数は少ないのですが、今後はもっと増えると思われるため、那覇空港を利用する際にはLCCを選択肢にいれ、チェックしておくことをおすすめします。

 

 

LCCは日本ではまだ運航したばかりですが、世界中で大変注目されています。
LCCのメリットは、もちろん低コストなことです。
座席が狭いとも言われていますが、長時間の移動でなければさほど気になりません。
そして、バーゲンともなると驚く程格安な料金で販売されていることがよくありますので、チェックは欠かせません。
反対に、機内食や飲み物、毛布、手荷物を預けるにも料金がかかったり、キャンセルや変更にかかる手数料が高かったりと、デメリットもあります。
飛行機に乗る時間と料金などを考慮したうえでLCCを上手に利用することが、一番のメリットだといえます。
ぜひ、那覇空港に行く際にはLCCを利用して、日本発のLCCターミナルを体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


那覇空港(沖縄空港)のLCCターミナルのご案内関連ページ

那覇空港のグルメガイド
那覇空港の国内線旅客ターミナルビルの各フロアーには、たくさんの飲食店があります。沖縄空港ならではの沖縄そばや郷土料理をはじめ和・洋・中のお食事処やレストラン、地元で人気のファーストフードやコーヒーショップ、さらに那覇空港でしか味わえないオリジナルのお弁当も大人気です。
DFS免税店
那覇空港といえば南国の異国ムードも満点ですが、さらに国内でありながら、海外の有名ブランドの香水・バッグ・化粧品などが安く買い物できる免税店(DFS)が2つもあります。
那覇空港で人気の沖縄土産
那覇空港のお土産コーナーは、豊富な品揃えと人気の沖縄土産が効率よく選べることなどから人気が高くおすすめです。上手に利用して人気のおみやげや沖縄の思い出グッズを見つけよう!




「シーバンド」車・船など 乗り物酔い予防対策に!

どこでも快適エアピロー

どこでも快適エアピロー